宿題

小学生のころ、宿題を出されるのが大嫌いだった。5年生のころには意図的に提出しなかったこともあり、親が授業参観の時に「宿題をやってきてもらわないと困る」と言われたそうである。

これはなぜかと言うと、家に帰って私にはピアノの練習をしなければならないという大仕事が待っていたためだ。17時から2時間、さらに20時から1~2時間くらい。1週間に一度のピアノ指導を受けるために、そのくらいの練習をしないととても間に合わない。学校の宿題は多すぎる。とてもそれをやっている暇はない。そう思っていた。

特にひどかったのは「漢字を毎日100字ずつ書いてきなさい」というもの。意味が分からない。どんな字を書けばいいのか。そして漢文を習っているわけでもない。ひらがなと漢字を組み合わせた「作文」なら書いても良かったのだろうが、漢字のみの羅列を書かされることが分からなかった。

まず「100字」書けばよいという話だったので同じ字を100個書いていった。すると「違う漢字を100字書くんですよ!」という先生のお言葉。そうですか。それならと教科書に出ている漢字を適当に並べて提出したら「それでいい」ということ。しかしこんなこと何のためになるのか、という疑問が生じる。そこで提出するのはやめてしまったというわけである。先生から言われたら「忙しいので」とか言っていたと思う。本来なら授業で完結するのが学校の勉強であるべきなのであって、それができないから「宿題」などということになるのだと勝手に思っていた。

話は変わって、そのピアノの練習のことであるが、1時間くらいの指導を受けるために費やす練習はかなり時間のかかるものだ。間違えなく弾けるために何度も何度も練習をする。これも私にとっては苦痛だった。学校から帰ってきて大半の時間がピアノ。読書もしたいしテレビも見たいし、外でも遊びたい(17時までは野球などで遊ぶこともあったが)。しかしピアノの練習をしないと先生に厳しく叱られるので、仕方なくやっていたのだ。

よく考えると、能力のある人にたとえばブルクミュラー「素直な心」を初見で弾いてみなさい、と言えば簡単に弾けるだろう。本来はそのように、1回のレッスンで指導は完結すべきなのであって、家での練習を強いるというのは良くないのではないか、という疑問もなくはない(もちろん極論であることは承知)。というのは知り合いのピアノ教師で、生徒がピアノを所有していないという話を聞いたことがあったからである。鍵盤ハーモニカくらいしかもっていないので先生の所には練習をしに来るという話だった。なるほど、環境が整っていなくてもピアノは弾きたい。そして習いたい。そんな子供もいるということを知って、考えてしまった。

それならレッスンはすべて初見で行う、などの方法はどうか。コンクールに入賞する、あるいは音大に合格するなどの指導はできないだろう。しかし音楽の楽しさを教えることはできるかもしれない。ただ、「譜読み」の能力をどのようにつけさせるのかが教師の腕の見せ所かも。

最近、こんなことを考えているが、時間の無駄だと思うので次回は他の話題にしたい。

このブログは更新が滞るようになりましたが、キーボードを打つ作業が腕の痛みを治すためにはあまり良くないということが分かってきたためなので、しばらくの間お休みといたします。どうぞご容赦ください。