コンピュータの昔と今

私が現在の職を得る以前、文字を打つための機械は、「ワードプロセッサー専用機」全盛時代と言ってもよく、結構いろいろな機械を買い替えたものである。

一番最初は大学院のころ、NECの「文豪」を購入した。これはキーボードが特殊な配置になっているもので、当時は使いやすいと思ってはいたがその後スタンダードではなくなり、買い替えることになった。次の機種はたしか Casio 社だったと思う。これは結構長いこと使った。ワープロ機は自分の文章がすぐ活字になる嬉しさがあったものだ。

その時代の流れの中で、パソコンも結構普及していたとは思うが、使おうとは思わなかった。それについては「ゲームをやることになりそうで嫌だ」など理屈を言っていたと思うが、結局は時代の先を読めていなかったのだと思う。就職で常勤職が決まった時にノート型パソコンを買ったのは正解だった。

しかし、しばらくは私のような考え方に批判的な意見はあった。時代はまだアナログ文化だったためで、原稿は手書き、という人も多かったのだ。しかし「Works」「Word」「Lotus123」などで何かを提出せよ、となった時にいろいろ困った人もいるとは思う。思えばそのころはワープロソフトも「一太郎」が主流だったし、Dos-vだとか拡張子だとか、まだ理解していない人もたくさんいたと思う。

現在では「Word」が主流になったのはなぜなのかと思うことはある。ワープロソフトで WordPro, WordPerfectというのもあったのだが今はあまり聞かない。そしてブラウザもその昔は Netscape が多かったと思うのだが今は Google Chrome を使う人が多いようだ。Sleipnir も使った時期はあるのだが、今は使っていない 。Opera も良いブラウザだとは思ったのだが・・ (現在私は Firefox も使っている)

これでも結構コンピュータのことは勉強した人間で(笑)、ある種の授業も担当したことある。Unix の時代から使っていた人間から言わせてもらうと、使いたい機能がすべてそろっている機械の使い方云々、という勉強はどうも危ういような気がするのだ。キーボードでいろいろ打ち込みながらコンピュータを動かす楽しみが昔にはあった。「ms-dosプロンプト」で「Ftp」「Telnet」を使って、などやっていたころが懐かしい。

どこかで書いたかもしれないが、現在私は数台のパソコンを使っており、メインは中古のデスクトップパソコンである。これは大きなディスプレイで文字を見たいということのみで買ったので、動作は遅いが仕事には十分である。仕事の敏捷性を優先させるときは性能の良いノート型を使う。これも気に入ってはいるが、やはり画面は大きいのが疲れないので、使用頻度は低い。

パソコンを使っていて一番楽しいのは、やはり文字を打っている時である。我が家の書斎でキーボードをたたいている時間が至福の時なのである。


f:id:MickN:20210220205513j:image